2018年12月30日

メインクーンとうめ子


うめ子の目の調子が悪く病院へ
結膜炎と強膜炎(^_^;)

病院の看板猫のおと君は犬が大好きで、うめ子もタジタジでした。



メインクーンはうめ子より大きいんですよ〜。
完全にうめ子負けています(笑)
posted by みっく at 19:44| 東京 ☀| Comment(0) | 病傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

顔の皮膚炎


フガサミで2日も離ればなれのストレスか
東京に帰ってきたら、顔の皮膚炎が悪化していました(^_^;)

地元のフレブル友達から皮膚に強い病院を聞いたので
早速行ってみることにしました。

20181013-3.jpg

こうやってみると顔が酷い〜(+_+)
老け込んで見える。

20181013.jpg

今月の顔出しパネルも
遠目だと良いのですが

20181013-2.jpg

近いと、顔が酷い(^_^;)

「やよい動物病院」東久留米に有る病院です。

とても良いドクターでした。
話を良く聞いてくれて、経験も豊富(皮膚に関して)
そして、こちらの方針を理解して説明をしてくれ、アプローチも
ワンコに負担のかからない事から始める。
選択肢も色々話してくれて、患畜に寄り添えるドクターでした。
AHTの方の細かい気遣いもピカイチ!
料金もビックリするほど良心的でした。

うめ子の食事は完全に生食(BARF)なので、栄養の偏りが出てしまう可能性もあり
亜鉛不足から起こる皮膚炎かもしれないと

まず亜鉛を補って様子を見ることにしました。
年齢のことも考えて大豆の酵素、テラコーソAも食事に加えてみることにしました。

20181013-5.jpg

暫くは食事の面からアプローチ。
様子を見て改善されなければ次のアプローチ。

20181013-4.jpg

つやつやの可愛いお顔を取り戻す作戦です!
posted by みっく at 01:00| 東京 ☁| Comment(2) | 病傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

強膜炎?


フガサミの時期から目やにが気になる状態だったうめ子
一度主治医に診ていただいたのですが
顔の皺をこすったときに軽く目に傷が出来たかな〜?
と言うことで、服用のステロイドと抗生物質で様子見していました。

20171017.jpg

一向に改善が見られないので、眼科専門の病院で診て貰うことにしました。

20171017-2.jpg

引っ越し後、たまたま通りかかって気になっていた病院
東京ウエスト動物病院
併設で眼科ケアが専門にあるなんて
珍しいな〜とチェックしていて良かった。

20171017-3.jpg

猫ちゃん用エリアも別にあり、とても綺麗な病院。
この日は
シーズーちゃん、キャバリアちゃん、フレブルちゃん、が目の検診に。
ダップー(ダックス×プードル)ちゃんは肛門腺絞りに。

この日会ったフレブルちゃんゴン太君は後で調べたら、
フラン君りょう君の親戚さんでした( ̄□ ̄;)!!

20171017-5.jpg

ハッキリした診断は出なかったですが、強膜炎かもしれないと(^_^;)
でも、右目が角膜潰瘍気味になっているので、抗生剤の目薬と
ヒアルロン酸の目薬、ステロイド、抗生物質の服用で様子見です。

20171017-4.jpg

顔の皺をどうしてもこすってしまうので、固いエリザベスも購入。

20171017-6.jpg

目薬がもの凄く嫌いなうめ子。。。先生にも「頑張って」と言われるほど
大暴れです(^_^;)(^_^;)(^_^;)
エリザベスのストレスも重なって、もの凄く不満そう。

20171017-7.jpg

目薬は一瞬ですが、エリザベスカラーはかなり嫌そうです。
1日4回の格闘・・・・

20171017-8.jpg

格闘後はお互いぐったりですよ(+_+)

早く良くなって貰うためには我慢して貰うしかない!
ステロイド服用で食欲が落ちるかもしれないと言われましたが
うめ子に限ってそれはないよな〜の通り全く持って変わりません。
心配なのは解りますが、胃薬2種類は多い気がする。
posted by みっく at 19:43| 東京 ☔| Comment(0) | 病傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする